消費者向けの一般の医薬品について

一般用医薬品というのは、医療用医薬品とは異なり、医師の処方箋などがなくても、調剤薬局やドラッグストアなどで購入することが出来る医薬品のことをいいます。

ただ一概に一般用医薬品と言っても大きく分けて4種類に区別することが可能です。

現在では一般用医薬品をOTC(Over The Counter Drug)医薬品と呼んでいる所が多いのですが、OTC医薬品=一般用医薬品という風に受け止めて問題はないでしょう。

さて、一般用医薬品の区分ですが、まずは要指導医薬品というものが存在します。

一般用医薬品の中では、その取扱いに注意を要する医薬品というものが存在しています。

薬局やドラッグストアで購入することは出来るものの、販売の際には、薬局やドラッグストアに常駐している薬剤師が購入希望者とコミュニケーションを取り、情報を収集して、書面などを使って要指導医薬品の説明を行うことが義務付けられています。

基本的には薬剤師の服薬指導や注意説明などが必須条件になることから、近年では流行しつつあるインターネットでの通信販売では購入することが出来ないのが、この要指導医薬品になります。

更に一般用医薬品には第1類、第2類、第3類といった医薬品も存在しています。

何が違っているのかというと、やはり安全性上で注意が必要な度合いの違いになります。

一般医薬品の中でも、第1類医薬品は、副作用や相互作用といった点において、安全面に特に注意を必要とされる医薬品となっています。

薬剤師の説明を聞き、服薬指導などを行われないまま購入が出来ないように、薬局やドラッグストアでは、簡単に手にすることが出来ない高い棚の上などに陳列されているのが一般的です。

当然にこれも要指導医薬品同様に薬剤師の販売が義務付けられている一般医薬品になります。

第2類医薬品は、1類よりも注意度は低いものの、一応薬剤師の情報提供が努力義務づけられている医薬品になります。

風邪薬や解熱剤といった一般家庭でよく利用される医薬品の多くがこの第2類医薬品に指定されていることも多く、取扱いをそこまで簡単に行うと副作用などのトラブルに見舞われてしまう可能性も少なくありません。

最後に第3類医薬品です。

これは第1類医薬品と第2類医薬品に分別することが出来ない医薬品のことを言います。

一般的な薬局やドラッグストアの従業員が販売をすることができ、法律上の規定は設けられていません。

簡単に手にすることが出来るものの、好き勝手に使っても安全というわけではありませんから、消費者が用法などをしっかりと読み、正しく使用していくことが重要なのです。


お財布ににも優しいジェネリックの医薬品

物価の高騰などにより医療品や後発医薬品のニーズは高まりつつあります。

おくすりクリニック バイアグラジェネリック

お客様でも安心してご購入できる『おくすりクリニック』では安価で安全な海外のジェネリック医薬品を提供しております。
この機会に是非ともご購入下さいマセ!